【ヒロアカ】名戦闘ベスト3はコレでしょ!【考察】

はぜ

どうも、はぜです!

名戦闘シーンって、あるじゃないですか。

ナルトだったら、ナルトとサスケが滝のところでぶつかり合うシーンとか(うろ覚えすぎる)

ブリーチだったら、ウルキオラ対一護とか、それぞれの作品にそれぞれの好きなシーンがあるとおもうんです。

もちろん、今一番人気のジャンプ戦闘もの少年激アツ漫画、僕のヒーローアカデミアにもあるんですよ。

はぜ

ってことで、今回は自分のベスト3を紹介。
コメントで異論を受け付けましょう。
では、どうぞ。

第3位

『出久vs爆豪』(喧嘩)

こちらを3位にあげたいわけです。

このシーンをまず見てもらいましょう。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

このシーン、好きなところは、爆豪の弱音です。

普段強気のキャラなので、こういうのにキュンとくるというか、胸が痛くなるというか。

爆豪は、見下していた出久に追いつかれる焦り、そしてオールマイトを終わらせてしまったことに悩んでいます。

誰よりも強く、人からも尊敬され、恐れられていた爆豪は、意外と心が脆いのかもしれません。失敗に弱い、というか。そんなに、不感な心ではないのです。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

さきほどのシーンの前の爆豪です。嵐の前の静けさという感じ。本気で悩んでるからこそ、真剣にデクに勝負を挑みます。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

結果は爆豪のギリ勝ち。

はぜ

次に戦ったら結果はわかりません。

しかし、簡単に爆豪が負けないのがいいですね。これで負けたら結構不憫か。

多分、今後もデクvs爆豪が見られるんじゃないかな。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

あと、爆豪の戦闘って基本的にド派手でかっこいい。

爆発で移動しているので、アクション感が堪らない。

ギリギリアニメ3期でここまでやってくれれば、ボンズ仕様の爆豪戦闘が見れますね。

楽しみです。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

ほんで、デクが本気でぶつかるとこもいい。

そんなシーンでした。

第2位

『出久vs轟』(体育祭)

また出久か、という感じですが、まあ主人公なんでしゃあない。

この顔を見てください。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

轟くんが笑ってますよ!

出久と戦った人は、救われるのです。凶悪殺人犯は例外。

で、この戦闘が轟くんの人生を変えます。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

この言い回しがすごい好き。

「君に傷一つつけられちゃいないぞ!」

実際出久はボロボロで、詭弁っちゃ詭弁なんですけど、確かにその通り。

氷しか使わない轟に、出久はブチギレです。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

アッチイ!
アツすぎるよ、緑谷!

まさに少年漫画って感じで、すごくいいです。

この戦闘のおかげで…

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

Before After
となるわけでした。

穏やかな、ただのイケメンになります。

てなわけで、第二位でした。

第1位

『ルミリオンvsオーバーホール』!

これは、どうでしょう?賛否両論?

ミリオ贔屓かもしれませんが。

はぜ

さて、紹介したいと思います。
僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

まず、ここですよね。
カッコええ。これがミリオですと。

エリの元に駆けつけたミリオは颯爽と治崎の取り巻きを倒します。

そして、エリを抱きかかえ、決めゼリフ。

はぜ

ヒュー、カッコいいね!!(←本気で思ってますよ。)
ほんで、この後もかっこいい。
僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

はぜ

な、なるほどっ!はぜも、そう思います。

通形ミリオはもう揺れない。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

なんか、ジョジョの奇妙な冒険で出てきそうな言い回し。

僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

そんで、俺の方が強い!

本当に強い奴が強い!っていうとカッコいいっすよね。本田圭佑てきな。

はぜ

ここから、少し悲しいパート。
僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

絶望感。個性消滅弾を打たれ、個性を失うミリオです。

はぜ

これ、デクだったら諦めそうじゃない?しかし…
僕のヒーローアカデミアより
©堀越耕平/僕のヒーローアカデミア

依然ルミリオンなわけです。

はぜ

こいつ、主人公でいいよ、と思った瞬間でした。

というわけで、ミリオvs治崎はこんな感じ。

ミリオのかっこいいセリフと、決して恵まれているわけではない境遇、熱いミリオ。そしてハッピーエンドではないが、自身の守りたいものを守り続けた漢の中の漢ミリオ。

今後を含めて作中でも、トップ3に入るのではないでしょうか。

まとめ

はぜ

いかがでしょう。
戦闘そのものというより、それぞれの背景や思いが好きなのかもしれません。

皆さんの一番もぜひコメントで書いてください!

では、また次の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です