【SAO】真面目すぎてむしろ勇ましいユージオのセリフ【名言】

人気アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」に登場するユージオは、幼馴染と再会するために戦いの道を選んだ剣士です。彼の誠実で勇ましい姿に多くの視聴者が引き込まれるでしょう。

そんなユージオのかっこいいセリフを中心に、彼の魅力を紹介していきます!

とも

真面目すぎて勇ましい事を誠実と呼ぶのです(多分)

幼馴染との再会を果たすべく世界へ挑むもう一人の主人公

幼馴染を探しいという気持ちを抑え続けていたユージオですが、ルールに縛られ探しに行くことが出来ていませんでした。

そんな真面目な彼が何度も悩み、葛藤した末に決意した目標です。

とも

幼馴染を助け出すために戦う力がほしいと願う彼の姿や言動に、かっこいいと思う方も多いと思います!

ユージオは苦悩の末、人界の絶対統治機関への反逆を選びました。幼いころ頃から法を破ることを物理的に禁じられていた彼が、迷いをなくして目的を達成するために覚悟を決めます。

毅然とした態度で、揺るがない気持ちが全面的に表れていました。

圧倒的な力を持つ敵を前に何も出来ない無力な自分に、ユージオは絶望していました。そんな絶体絶命の時に幼馴染の声を聞き、彼は窮地を脱するための秘策を思いつきます。

非道な行い止めるために、覚悟を決めたユージオの勇ましさが現れています。

キリトと深い絆で結ばれたユージオ

剣を握ることも戦い方も知らなかったユージオが、キリトを助けようとして敵からの攻撃で怪我を負ってしまいます。辛い過去を持った彼が、これ以上何かを失うこと拒絶するような強い意志を感じました。

とも

苦痛で気を失いそうになりながらも、親友に力強く語りかけるユージオはやっぱり真面目を通り越して勇ましい…。


ソードアート・オンライン アリシゼーションより
©川原礫・abec/ソードアート・オンライン アリシゼーション


敵の攻撃によってユージオは致命的な傷を負ってしまいます。しかし、そんな時でも親友であり相棒であるキリトを奮い立たせてようと思いを伝えます。

二人の深い信頼と友情を感じさせるセリフで、切ないですがとても胸が熱くなりました。

真面目故にキリトに振り回されてしまう一面も



ソードアート・オンライン アリシゼーションより
©川原礫・abec/ソードアート・オンライン アリシゼーション


相棒のキリトが自由奔放すぎるために、真面目な性格をしているユージオが苦労していることが伺えます。

とも

キリトに振り回されて、の保護者的な存在となっているユージオの姿に思わず笑ってしまいます笑

ユージオの成長に注目してみよう!

ユージオはソードアートオンラインにおいては珍しいキリトと同世代で、もう一人の主人公と呼んでも遜色ないです。

とても真面目な性格をしていますが、物語中で悩み葛藤し、成長を続ける彼の生き様や言動にかっこいいと思う方は多いはずです。そんな彼が戦い続ける勇姿を最後まで見届けてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です